毛根を破壊してまで銀座カラーで脱毛する文化

ぶっちゃけた話、体の一部である毛根を破壊してまで銀座カラーで脱毛するのって、
日本のダメな文化ではないでしょうか?

でも、毛根を破壊しないとムダ毛の処理が大変なんですけどね。

生まれ育ってきた体の中の機能を破壊して脱毛すれば、
確かに毎日やっている自分の毛処理などからは開放されます。

しかし、それって本当にやってもいいことなのかどうか、
そういったことはたった2000円の脱毛サロンのスタッフに聞いたって教えてくれません。

分かりませんと回答するかもしれませんし、自分たちの利益のために、
脱毛することによって得られるメリットを並べるだけかもしれません。

これはもちろん銀座カラーさんに限ったことではなくて、
どこのエステサロンも同じようなことを言うでしょうね。

ミュゼプラチナムでも言われるし、脱毛ラボでも言われるということです。
いくら有名で実績のあるエステだとしても、そこは同じでしょう。

わざわざ毛根を破壊してまで脱毛したいと思って来店してもらっているのに、
改めてその意味を説明する義理もないでしょうし。

銀座カラーに脱毛しに通うことはいいことだと思います。
ですが、脱毛そのものについては私って実は賛成しているわけではないんです。

リアルにお客様のことを考えているお店って、本当はないんでしょうね。。。

毛の処理について書きたいと思います。私は、ほほの無駄毛がとても酷く、毛抜きで対応していたのですが、抜くのはとても痛く、毎週しないといけないのでとても苦痛でした。苦痛でしたが、週一度という事で我慢していたのですが、ある時抜き忘れて、人に指摘されてしまいとても恥をかきました。毎日鏡を見ないといけないと再確認しました。

恥をかいてしまいましたので、すごく嫌だったので脱毛エステに行く事にしました。私が行った脱毛エステは、とても良心的で初回2500円で顔全体を脱毛してくれるサービスをでした。お医者さんが色々説明してくれて、知ってる人もいると思いますが、脱毛は1度だけでは完全に脱毛する事はできず、繰り返し脱毛レーザーを当てる事によって脱毛が完了します。ですから、最終的に5回で2万2500円かかってしまったのですが、完全に脱毛する事に成功しました。2万円ほどであの週1の毛抜きの儀式から開放されたと思うととても楽になりました。もう少し早く行っていても良かったと思うぐらいです。

これを読んでくれた皆さんも毛抜きが面倒さくさいとか毛抜きするのが痛いとか思うのならやはりお財布と相談しないといけませんが一度脱毛エステに行かれてみてはどうかと思います。